更科堀井を知る

更科堀井


更科堀井は寛政元年(1789)、11代将軍徳川家斉の頃、麻布永坂高稲荷下に「信州更科蕎麦処」として創業しました。

「美味しいそばを召し上がってほしい」

そば一筋に230年、お客様の「口福」のために継続と革新を続けてきました。

江戸時代からの文化である「そば」を、現代でも変わらずに美味しく召し上がっていただきたい。

私たちはいつの時代もおいしさを追求し、新たな歴史を繋いでいきます。





創業は寛政元年(1789年)。信州特産の信濃布を商っていた布屋太兵衛がそば屋に転じました。

領主・保科家の江戸屋敷から程近い麻布永坂町に店を構え、看板は「信州更科蕎麦処 布屋太兵衛」。

「更科」とは、信州そばの集散地だった更級の「級」の音に保科家から許された「科」の字を当てたものと伝えられています。

当時から大名屋敷や有力寺院などに出入りしていましたが、明治時代半ばの最盛期には、皇后や宮家などにも出前を届けて言われています。

しかし、昭和初期の恐慌の煽りを受け、昭和十六年、廃業に追い込まれるに至りました。

戦後、さまざまな曲折がありましたが、昭和五十九年、代々の地である麻布を離れることなく、麻布十番商店街の一角に「総本家更科堀井」を開店しました。



更科堀井


当店の名物。そばの実の芯の部分だけを用いて打つ真っ白なそば。
ほんのりした甘みと、のどごしのよさが特徴です。

更科そばはその上品な風味ゆえに、古くは江戸城や大名屋敷にも出入りを許され、御前に供する名誉も賜り、そば好きの江戸っ子達にも親しまれてまいりました。

また通人に好まれる当店自慢の「色変わりそば」はさらしなそばに旬の素材を打ち込み、四季折々の味と香りを堪能させるそばでございます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ