更科堀井を知る

食品ロス

本来食べられるのに捨てられてしまう食品を食品ロスといいます。 世界では毎年清算される食料の内、1/3 にあたる「13 億トン」もの食料が捨てられています。
出典:NPO 法人日本もったいない食品センター

日本国内の食品ロスの現状

日本の食品ロスは年間で約643万トン。
日本人の1人当たりの食品ロス量は1年で約51kg。
これは日本人 1 人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量です。
出典:農林水産省及び環境省「平成28年度推計」

更科堀井では、品質や味に問題がなく、美味しく食べられるのに様々な理由で正規では販売する事 が出来ない食品を集め、会員様限定にご提供

様々な理由とは?

代表的な理由として賞味期限が近いからです。 賞味期限切れの商品が店頭に並ぶのを避ける為、メーカーと店頭の間で「3分の1ルール」という商 慣習があります。
例えば賞味期限が6ヶ月間とすると2ヶ月目まで店頭に納品、4ヶ月目までに消費者に販売するというものです。
賞味期限前に廃棄されてしまう食品を生み出す一因とされており、昨今見直しの動きもあります。

こちらの商品は会員様限定でご提供させて頂いております。
まだ会員登録がお済みで無い方は下記よりご登録お願い申し上げます。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ